人に相談したいけどできない【情報収集した方が解決します】

雑記
  • 転職しようか迷ってるので誰かに相談したい
  • 退職すべきか悩んでるので誰かに相談したい
  • 自分のビジネスがうまくいかないので誰かに相談したい

このように悩みを抱えているけれど、人に相談できない性格で悩んでいる場合。

残念ながら、周りの人に自分の悩みを相談しても解決することは少ないです。

なぜなら
  • 相談される側は当事者ではないので、あなたの気持ちを想像して言葉を出すしかないから
  • それより情報収集した方が専門的知識を用いての解決策を手に入れられるから

私は誰かに悩みを相談することは基本的にしないです。

  • 20歳のときにフランスのパリでひとり1か月間生活した
  • 新卒で入社した会社を1年で退職した
  • 30代のときに7年勤めた会社の正社員を退職した
こういった決断についても人に相談はせず自分で決めました。
本記事の内容
  • 相談があまり意味ない理由
  • 相談より情報収集
  • 解決までの順序

相談があまり意味ない理由

知り合いに悩みを相談しても

「聞いてもらってスッキリした」

この程度で終わってしまうことがほとんどかと思います。

相談された側は当事者ではないので、悩んでいる人のその時の気持ちを想像して答えを出すしかないですよね。

なので社会一般的なアドバイスはできるかもしれませんが、それが自分にフィットした解決案とは限らないです。

では自分の立場に近い家族や親友なら自分の性格をよくわかってくれてるので、的確な解決策を与えてくれるか?というと、そうも限らないです。

もし親しい人に相談したらこんな感じになるのではないでしょうか?

友達:あなたの気を悪くしないようなアドバイスをしてくれる

親:安定した人生をおくるためのアドバイスをくれる

これはあなたが望んでいることと一致するでしょうか?

「誰かを想っての答え」ですよね。

もちろんありがたい言葉ですが、あなたの信念とは違う可能性があります。

過去の話ですが、当時の職場で100時間近い残業で消耗していたとき、母親に「会社を辞めるつもり」と明かしました。

その時の母親の言葉は「仕事なんて大変なんだからそんなもんでしょう。」という意見でした。

きっと仕事の辞め癖をつけないために、私のことを思ってのアドバイスだったかもしれません。

しかしながら、自分が退職したい複数の要因を分析してみると、母親の意見が最良だとは思えませんでした。

10代のときに人から言われた印象的な言葉があります。

自分の気持ちをわかってくれる人間は自分しかいない

20年近くたった今でも、その言葉のとおりだと思います。

そして結果がどうなろうと、その選択をしたのは完全に自分の責任です。

だったら人のアドバイスを実行するよりも、自分で決めた選択を実行した方がいいですよね。

相談より情報収集

それに誰かに相談して答えをみつけるより、自分で情報収集して解決方法を探した方が早いです。

「やりたい仕事が見つからない」と言った自分に、20歳近く年上の人がアドバイスをしてくれたことがありました。

「2年間はとにかく色々なことに挑戦してみて、本当にやりたいことをみつければいい」という話を親切にしてくれました。

確かにそうだなと思いつつも、その悩みについてインターネットでも検索してみました。

幾度か検索するうちに、その悩みを解決してくれるYouTubeの動画に出会いました。

その動画は、心理学の知識を用いて論理的にやりたい仕事をみつける方法を説明していました。

それを見た瞬間にやりたい仕事がぱっと浮かんだわけではないですが

解決への道筋は見つかりました。
あとはそれに倣って自分が行動していくだけでした。

このように情報収集してみると、

  • そのみちのプロが専門的な知識を使って
  • 何年も解決しなかった問題の解決方法を提示してくれる

そういった情報と出会えることもあります。

なので人に相談する前にまず調べてみると思いもよらない情報と出会ったりします。

解決までの順序

まずはこういった段階をふんでみましょう。

  1. ググって情報を集める
  2. それを実行してみる
  3. 成果がでるまで試行錯誤する

①ググって情報を集める

実際に自分と同じような経験をした人を調べてみます。

同じ悩みを経験をした人とそうでない人による考え方の差はかなりあるからです。

それに身近な知り合いよりも、私的な感情のない冷静な解決策が提示されています。

くわえて専門的知識をもっていたり、生業にしている人の意見を知れるので、より解決に近くなります。

②それを実行してみる

その人が実際に実行して成功した行動をまねしてみましょう。

例えばその人が本を書いていれば読むのもいいですし、提供しているプログラムサービスなどを利用してみるのもいいでしょう。

③成果がでるまで試行錯誤する

抱えている問題はすぐには解決しないかもしれませんが、色々と試行錯誤して継続してみることが解決への近道です。

特にビジネスに関する悩みはすぐに儲けがでるほど短時間で好転しないですよね。

けれど経験者の情報を調べることで解決までの道筋はなんとなく見えるはずです。

なので「後は自分が継続するだけ」という段階までの知識を取得しましょう。

このように知り合いに解決方法を頼るり、ネット上にいるプロに頼ってみた方が賢明です。