【TOEIC勉強法】音読のやり方とコツ

英語学習

TOEICの勉強法のひとつである音読。

効果的なやり方でリスニングスコアを上げたいですよね。

ただし音読にはコツがあります。

  • まずはゆっくり音読する
  • ストーリー展開を意識する
  • 英語の特徴をマネする

なので漠然と音読しても効果が薄いです。

私の場合、この音読トレーニングで820点に届いたので大きな効果がありました。

経験をもとに解説します。

本記事の内容
  1. 音読のやり方
  2. やり方のコツ

1.音読のやり方

音読はただ闇雲にやっても効果が出ません。

順序を守りコツを意識することで効果を発揮します。

ただ漠然と音読しても素人がお経を読んでるのと同じになってしまいます。

音読の順序
  1. 問題を解く
  2. 限界まで何度も聞く
  3. 精読する ※ここから重要
  4. ゆっくり音読する
  5. 音声に合わせて音読する

②限界まで何度も聞く

5回近く聞いても聞き取れない場合は、それ以上聞いても聞き取れないはずです。

聞き取れなかった箇所は下線を引いてチェックし、なぜ聞こえなかったのか後から分析しましょう。

③精読する

必ず精読をして英語の仕組みを理解し、正解の根拠を調べましょう。

精読作業
  • 文章の構造を確認
  • 品詞を確認
  • 単語を調べる
  • 正解の根拠となる文章をチェック
  • 発音の分析
  • 読みやすいよう意味ごとにスラッシュを入れる

これをせずに音読しても、英語としてではなく「ただの音」を発声してることになるので注意です。

④ゆっくり音読する

英文の意味がわかる程度の速さで音読します。

特に語順を頭に入れるような感覚で、各品詞の働きを意識します。

You     are    very  kind.

主語  be動詞   副詞  形容詞

⑤音声に合わせて音読する

必ず、音声スピードに意味の理解がついていけるようになってからやります。

音声を流しながら同時に声をだします。

もちろん遅れても構いません。

ここでのコツを次の章で解説します。

2.やり方のコツ

音読のコツとしてこれらを意識すると効果的です。

コツ
  • ストーリー展開を意識する
  • 英語の特徴をマネする

ストーリー展開を意識

part3

part3は会話のキャッチボールでストーリーが展開されます。

文脈として、何かしらの問題が発生、その解決方法を模索する流れが多いです。

例えば・・・

  • お客さんが店員さんに買いたい商品についてたずねる。
  • 店員さんが品切れの旨を伝える。
  • そして代替案を提案する。
    【入荷日を教える、予約をうながす、別の商品を薦める等】
  • お客さんが代替案について返答する。

なので以下2点を説明している英文を意識して音読します。

  • 発生している問題
  • 解決方法
3人話者の場合
  • 3人の関係性
  • 中心となるトピック(話題)
  • 誰がどんな提案をしてるか

part4

  • 冒頭の話者の立場(職業等)の紹介
  • 発生してる問題に関する説明
  • 終盤の依頼事項

これらが書かれている部分を意識し、自分が話者になったつもりで気持ちをこめて、セリフのように音読します。

英語の特徴のマネ

ネイティブの発音に近づけるつもりで、英語の特徴をマネして音読します。

特徴
  • イントネーションの強弱をつける
  • 単語同士の音の結合・消失・変化
  • 速い速度による言葉の短縮

ひとつずつみていきましょう。

イントネーションの強弱をつける

英語は強く発音する単語と弱めに発音する単語の差が激しいです。

なので強い音と弱めの音を分ける意識をもちましょう。

強く発音
  • 動詞(go, see, drink)
  • 名詞(cup, pen, book)
  • 否定形助動詞(don’t, can’t, haven’t)
  • 疑問詞(what, where, how)
弱く発音
  • be動詞(is, are)
  • 代名詞(your, him, her, them)
  • 前置詞(of, to, on)
  • 助動詞(can, will, must)
  • 冠詞(a, the)

【例文】

I love this bag!

赤字:強く発音 青字:弱く発音

単語同士による音の結合

例文の赤線部分のように、単語と単語がつながって発音されることがあります。

(カタカナ表記は無理やりです)

TOEIC頻出

Please let you know~.

レッチュ

単語同士による音の消失

he 、his 、 him 、her にみられる現象で、hの音が消えます。

  • I like her. →ライカー
  • I give him some money. →ギヴィム
  • I think he is good. →スィンキズ

単語同士による音の変化

toの発音に多くみられる現象で、toの発音が「トゥ」ではない別の音に変化します。

I don’t know how to play the guitar. →ハウダ
Listen to music. →リッスナ

to以外にもこの現象はみられます。

But I think you are wrong. →バライ
Could I have some water. →クダイ
What I have to do is wait for you. →ワライ

 速い速度による言葉の短縮

速いスピードで発音されると言葉が短縮されることがあります。

【短縮前】I want to go shopping.

【短縮形】I wanna go shopping.

【短縮前】I’m going to see my family.

【短縮形】I’m gonna see my family

公式問題集の場合、テキスト上の表記は短縮前の形ですが音声の発音は短縮されているので注意です。

慣れないうちは…

というわけで、色々と説明しましたが、慣れないうちは英語の特徴をマネしながら音読するのは結構大変かもしれません。

なので、まずはストーリー展開を意識しながら音読することを心がけましょう。

ただし、上記で説明した英語の発音の特徴は、リスニングが難しく感じる理由のひとつでもあります。

思い込んでいた単語の音と実際の発音が違うからです。

なので最終的には英語の発音の特徴もマネできるようになるとリスニングが楽になります。

音読する教材

音読する教材はTOEIC公式問題集か、TOEICのナレーションに近い音声を収録している参考書を使いましょう。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 6

たまにTOEICと雰囲気・質がだいぶ違う音声の教材もあったりするので注意です。

本物の音声に近い参考書をいくつかあげておきます。

【CD-ROM・音声DL付】TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4


【CD-ROM・音声DL付】 TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

ーでは以上ですー