シンガポールの空港からマリーナベイサンズへのアクセス方法【地下鉄が便利です】

シンガポール

シンガポールのチャンギ空港からマリーナベイサンズへのアクセス方法を記事にしています。

  • 地下鉄MRT
  • タクシー
  • バス

市内へのアクセス手段は複数ありますが、渋滞の心配もなく安い料金で移動できる地下鉄MRTがおすすめです。

今回は私が実際に地下鉄で移動したルートを写真付きで紹介します。

シンガポールの空港からマリーナベイサンズへのアクセス方法

まずシンガポールの地下鉄は複数の路線があって、路線ごとに色分けされています。
(こちらからMRT路線図をご覧ください)
結構東京に似てますよね?

そして目的地マリーナベイサンズについてです。

最寄り駅:BAYFRONT駅
路線:Circle Line(オレンジ色)とDowntown Line(青色)
所要時間:約1時間

チャンギ国際空港の最寄り駅であるCHANGI AIRPORT駅からアクセスすると、乗り換えが2回必要です。

  1. TANAH MERAH駅でEast West Lineに乗り換え
  2. PAYA LEBAR駅でCircleLineに乗り換え

今回は上記の駅で乗り換えましたが、これ以外の駅でも乗り換えは可能です。

チャンギ空港を出発

まずはCHANGI AIRPORT駅の改札前にあるPassenger Serviceで「NETS Flash Pay」(日本で言うSuicaみたいなカード)を購入します。

次に近くの券売機でお金をチャージします。
これで地下鉄に乗るたびカードで料金を支払えます。

CHANGI AIRPORT駅のホームです。
広いですね。

これは車内の路線図です。
右下の赤く光ってる点が空港の駅です。

1回目の乗り換え

空港で電車に乗ったら2駅目のTANAH MERAH駅で乗り換えです。
降りたホームの隣に来る電車East West LineのTUAS LINK駅行きに乗り換えます。
看板に大きく書かれているのでわかりやすいと思います。

2回目の乗り換え

その後PAYA LEBAR駅で2回目の乗り換えです。
Circle Line線に乗り換えるため別のホームまで歩きます。
MARINA BAY駅行きの電車が来たら乗りましょう。

この時は土曜の午前中だったせいか、MARINA BAY駅行きの本数が少なめで少し待ちました。

最寄駅からの歩き

そしてマリーナベイサンズの最寄り駅BAYFRONT駅で降ります。
これで電車移動は終了です。

ここからの道のりは目印の案内に従って歩いて行けば無事に着くはずです。

看板の「MarinaBaySands」の矢印方向に従ってエスカレーターで上に上がります。
ゴンドラのある下の階とは逆なので注意です。

その後も目印通りに歩いていくと、ホテルのロビー階に上がるエスカレーターが見つかります。
これでホテルのフロントのある階に着きました。

エスカレーターを降りたら、右方向にまっすぐ歩いていくとチェックインカウンターが見えてきます。

私たちは午前11時頃到着したけど、まだ部屋は使えませんでした。
なのでチェックインまで時間がある場合は荷物を預かってもらいましょう。

ちなみにエスカレーターを降りてからこのチェックインカウンターまでの間に「日本人専用チェックインカウンター」があります。

私達は一般のチェックインカウンターを利用しましたが、日本人専用の方がすいてそうな感じでした。
なので一般のチェックインカウンターが混んでる場合は日本人専用の方を利用しみるといいかもしれません。



今回は男女2人で大きめのスーツケース1つと小さいキャリーケースを運びながらの移動でした。

特に大変な場面はなかったですが、2つ目の乗り換え駅で電車を待つ時間が少しだけ長かったかな、という印象です。

路線や駅名の表記もわかりやすいので東京の地下鉄より利用しやすいかなと思います。
本音で書いたマリーナベイサンズ宿泊記もぜひご覧ください。

では以上です!