RX100M7と一緒に買いたいおすすめのアクセサリー5選【むしろないと不便です】

カメラ/写真

SONYの高級コンデジRX100m7。
今回はカメラ本体以外と一緒に揃えた方がいい、おすすめのアクセサリーを紹介します。

RX100m7を使い始めて1年半以上がたちました。
おすすめのアクセサリーは必須のものとあると便利だな、という2つに分類できます。

RX100m7を買って間もないという人は、必須のアクセサリーをチェックしてみてくださいね。
RX100m7がより使いやすくなりますよ。

※まだRX100m7を買おうか迷ってるという人はぜひレビュー記事をご覧ください。

RX100M7と一緒に買いたいおすすめのアクセサリー5選

シューティンググリップ【必須】

RX100m7を使うなら絶対あった方がイイ!とおすすめできるのが、シューティンググリップです。


グリップ自体に静止画と動画を撮影できるボタンとズームアウトのレバーが付いてます。
なのでカメラの電源さえ入っていればボタンひとつで撮影が可能です。

それにグリップをつけていればカメラを持つ手が安定するので、シャッターを押した瞬間ブレることがないんですよね。

持ち手の部分はミニ三脚にもなるので、テーブルに置いて撮影する際も便利です。

ちなみに私はカメラ本体と最初からセットになってるものを買いました。
もしまだRX100m7を買ってないという人はグリップキットをおすすめしますよ。


ただこのグリップ、難点もあるのが惜しいところ…。
電池交換の際にいちいち取り外ししなきゃいけないんですよね。

それが地味に面倒くさいんです。

その辺はRX100m7のレビュー記事にデメリットとして書いてますのでご覧ください。

そんなデメリットもありますが、これがないと撮影したくないくらい便利なアクセサリーです。

予備バッテリー【必須】

こちらもないと困るアクセサリー、予備のバッテリーです。


便利だからおすすめしたさきほどのグリップとは違い、ネガティブな理由で必要です(笑)
というのもRX100m7てバッテリーのもちが悪いんですよね。

フルHD動画でも1時間はもたないです。
静止画でもバンバン撮ってるとあっという間に減っていきます。

なのでカメラを持ち歩くという人は予備のバッテリーが必須ですよ。

私なんて旅先で写真を撮るのが好きなので予備バッテリーは3個持ち歩いてます。
でもマッチ箱より小さいサイズなので邪魔にはなりません。

グリップをいちいち取り外してまたつけるの行為が面倒なだけです(笑)

カメラを使う場所や用途によって予備バッテリーをいくつか用意しておきましょう。

SDカード【必須】

こちらは紹介するまでもないかもしれませんが…。
SDカードがないと撮影したデータを保存できないので必須ですね。

必要な容量は静止画なのか動画を撮るのかで変わってきます。

自分の場合、写真がメインでたまに動画を撮る使い方であれば64GBを合計2~3枚用意してますね。


ちなみに128GB以上の大容量1枚だけにデータを保存するより、32GBや64GBを複数枚に分けて保存することが望ましいですね。

大容量1枚のデータが飛んじゃったら旅先の写真だとつらいですからね。
まぁまれなケースですが。

というわけでSDカードは必ず用意が必要です。

モニター保護シート【あると便利】

続いてはあると便利なアクセサリー、モニター保護シートです。

「あると便利」と表現してますが、限りなくあった方がいいアクセサリーです。

RX100m7には大きめのモニターがついてるのでフィルムで保護してあげた方が安心ですよね。

モニターに直接触ることは少ないかもしれないけど、カバンに入れてたり首からかけたりすると、知らないうちにモニターに傷がついちゃう可能性もありますよね。

そんなリスクを避けるために保護シートをつけることをおすすめします。

タッチ操作に対応したガラスシートなのがポイントです。

実際にシートを手に取るとわかるのですが、結構固めです。
なのでしっかりしてるのがわかります。
これを貼ってるのと貼ってないのでは安心感が違いますね。

しかも傷から守るだけでなく、防指紋・防汚対応効果もあり、モニターが汚れづらいです。

まだつけていなければ保護してあげてくださいね。

ストラップ【あると便利】

これはカメラを首からぶら下げたい人向けのアクセサリーです。
ネックレスのように首からぶらさげられるストラップですね。

こういったストラップを選ぶ時って、やっぱり丈夫かどうかが大事ですよね。
その点を重視して選んだのがこのストラップです。


しかも丸い部分を押しながらスライドするだけで、簡単に取り付け・取り外しができるんですよね。
もちろん長さの調節も簡単にできますよ。
外出中だと便利ですよね。

このストラップすごく便利なんで激しくおすすめしたいんですけど難点があるんです。

RX100m7のストラップを通す穴がめちゃくちゃ小さいので、ヒモを通すのがすごく大変なんですよね。


でもなんとか通ります。
大変なのは最初だけなんですが、ぜひ知っておいてほしいですね。

ストラップ部分がもっと太いのもありますが、RX100m7がコンパクトなのでこれくらいの太さがちょうどいいと思います。



というわけでRX100m7と一緒に買いたいおすすめのアクセサリーを5つ紹介しました。
そのうち絶対必要なのがこの3つですね。

①シューティンググリップ


②バッテリー


③SDカード


あるとカメラを使いやすくなるのがこの2つです。
①モニター保護シート


②ストラップ


カメラってアクセサリーの有無で使い勝手の良さが変わってくるので、ぜひ一緒に使ってみてくださいね。

RX100m7を買おうか迷ってるという人はぜひレビュー記事もご覧ください。