ストレスとイライラ解消方法【根本原因を排除/お酒は逆効果】

雑記
ストレスやイライラを解消する方法を知りたい。

  • 職場環境が悪くストレスがたまっている…
  • お酒を飲んだりやけ食いしてストレス解消することが多い…

ストレスやイライラを解消するには、その根本原因を排除できる方法でなければ解決されません。

つまり自分のいる環境・人間関係から離れる術を身につける必要があります。

過去の自分はストレス・イライラの塊でした。

残業だらけの職場、イヤな上司、マウントとるのが好きな友達…

でも、そんな環境を選択してるのは結局自分でした。

離れたことでストレスはずっと低減しました。

ダメな例
イライラする→お酒を飲む

この循環を断ち切ったことが大きかったです。

本記事の内容

【1】根本原因の排除
ー職場のストレス対応

【2】お酒は逆効果
ーお酒より運動と勉強

1.根本原因の排除

ストレスやイライラはその根本を排除しなければ解消されない問題です。

自分のいる環境、関わる人間関係、それらから離れないと抱えたまま生活することになります。

大事なこととして、自分がその環境・人間関係を選択しています。

だから選択を変えなければいけませんよね。

満員電車で変な奴にからまれた→

✖ すいてるもっと早い時間に乗ろう

〇 満員電車に乗らなくていい生活をしよう

サービスの悪い飲食店に来てしまった→

✖ クレームを言おう

〇 料金が高くても質の高い飲食店に行こう

つまり、ベストな選択に近づこうとする思考回路をもつことです。

職場のストレス対応

職場にパワハラ上司がいる。残業が多くて大変。

こういった場合は「仕事のできない自分が悪い」などと思う必要はありません。

仕事の環境が自分にあっていないのです。

なので、別の環境に移れる行動をとることが大事です。

まずは今いる環境について論理的に考えてみましょう。

パワハラ上司→本人の人間性に問題がある→そして性格は変わらない

残業が多すぎる→効率性・生産性の悪い職場だ→そんな会社に明るい未来はない

そういった場所で頑張る意味はあるのか?考えてみましょう。

新たな選択肢の例
  • 退職して貯金に頼りながらニート生活もアリです。
  • 3か月くらい1日中英語の勉強をすれば、TOEICで700点前後は取れます。
  • YouTubeの動画編集、ライターの仕事もたくさんあります。

まずはストレスを生み出す環境から離れられる行動をとってみることです。

100時間近い残業で苦しんでいた時は

「消耗したらもったいない。さっさと逃げよう。」

そう思い辞めました。

その会社は現在吸収合併されていました。

今苦しい場合、「頑張った先に何があるのか」を論理的に思考しましょう。

消耗するだけの未来なら今から準備が必要ですよね。

2.お酒は逆効果

よくあるストレス解消法のひとつであるお酒を飲むこと。

これはイライラを解消するどころか逆効果です。

抑うつ気分を悪化させてしまうからです。

飲んでる瞬間は気持ちがいいですが、酔いから醒めたときにはその反動で以前よりもさらに強い抑うつや不安を感じてしまいます。

月曜がやって来るのがイヤすぎて、週末の夜に飲みすぎる。

そして月曜のだるさは1週間のスタートの切り方として最悪です…。

お酒より運動と勉強

お酒をやめる必要はありませんが、

ストレスを感じたからとりあえずお酒を飲む

毎度この行動をとってしまうのであれば、運動をした方が効果的です。

運動はストレス解消に効果があると科学的に実証されています。

  • 有酸素運動はBDNF(脳由来神経栄養因子)の分泌量を増やす。これらの因子が協力しあって脳の活動を活発にし、慢性ストレスの有害な影響に負けないようにしている。
  • 運動は自発的にすることなので、そのストレスは予測できるし、コントロールできる。その点が心理上、重要な意味をもっている。自分を支配しているという感覚と自信が得られるからだ。アルコールなどの副作用のある対処法に頼らなくても、ストレスをコントロールできるとわかっていれば、気持ちの切り替えがうまくなる。

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方 より引用

運動することで起こる体への負担(息が苦しいなど)をコントロールすることで、外部からのストレス(仕事など)もコントロールできるようになれるということですね。

つまりお酒ややけ食いより、運動の方が私たちの気持ちを切り替えてくれることが科学的にわかります。

5年前に筋トレを始めてからお酒の量が減りました。

「お酒より気持ちいい」と感じさせてくれるのも大きな要因ですが、過去によく感じていた焦燥感が本当に少なくなりました。

イライラしたから飲むお酒より、純粋にお酒の味を楽しむ方が美味しいですよね。

勉強すると…

勉強を始めることで今の環境から離れる準備ができます。

それに勉強を全くしないと将来的に息詰まる可能性が高まってしまいます。

給料の上がらない時代なので会社だけに頼ってるのはなかなか危険ですよね。

それに

  • 自分が変化してない
  • 進歩してない

こんなこともイライラの原因だったりします。

それに誰かにイライラしていたとしても、その人を変えることはできないですよね。

だったら自分が変わって距離をとった方が早いです。

まずは読書からでいいので始める価値は大いにあります。

読書は知識だけでなく自分に気づきを与えてくれます。

過去の自分

問題行動をとる同僚にイラつく、でも上司は注意しない

→こんな職場で働いてる自分も悪い

そんな思考回路をもつようにして、新たな仕事を始められるように英語や資格を勉強し始めました。

お酒ややけ食いをしてるより運動と勉強の方が長期的に役に立ちますね。

本記事まとめ
  • 今いる環境の問題点を論理的に考える
  • 継続しても成果が見込めないなら別の環境に移れる行動(勉強等)をとる
  • ストレスを感じたからお酒を飲むのではなく運動して気持ちを切り替える