【用語集】NFTって難しい…関連ワードを用語集で一覧にまとめました【随時追加】

NFT
NFTについて調べようとしても、意味のわからない単語がたくさんでてきて理解するのが大変…。
一気に調べられる用語集みたいなのがほしい。

こういった方に向けてNFTに関係する用語集を作ってみました。
まだ足りない単語もあるかもですが、随時追加していく予定です。

大見出し1

私はNFTを出品しましたが、その過程でたくさんの用語に出会い調べるのに苦労しました。

実際に出品してみるとより意味が明確になったので、ここで一覧にしてシェアします。

図を使って解説してるので、NFTに関する知識がない方でもわかりやすいと思います。
ぜひご覧ください。

NFT関連ワード用語集

NFTに関連するプラットフォームを島に例えてわかりやすく図にまとめたものです。

大見出し1

ア行から順に解説してるのでお好きな所に飛んでください。

ア行

暗号資産(仮想通貨)

大見出し1

インターネット上で電子データのみでやり取りされる通貨のことです。

大見出し1
コインチェック公式HPより引用

日本円やドルと交換(売買)できて、モノやサービスの決済・送金が可能です。
ただしネット上のデータなので100円玉や1万円札のように実物の貨幣ではありません。

有名なビットコインもこの一種ですね。

NFTはこの暗号通貨(仮想通貨)を使って売買します。

イーサリアム

大見出し1

NFTを発行するプラットフォームのことです。
そこで使われてる暗号資産の名前(正しくはEther〈イーサ〉)でもあります。

時価総額はビットコインに次いで第2位です。

イーサリアムはポリゴンに比べて利用してる人が多く、資金豊富な人も多いです。
その代わり混雑しているため、手数料(ガス代)を払って取引する場面が多いです。

NFT

大見出し1

鑑定書や所有証明書に相当する情報の付いたデジタルデータです。

JPGやPNG画像のひとつひとつを識別するために、シリアル番号がついているのをイメージしてみてください。

これまで画像は簡単にコピーやダウンロードができましたが、鑑定書が付くことで「世界にひとつだけ」という要素を画像に与えることができ、本物とコピーの見分けが簡単になります。

そして「世界にひとつの画像」になることで大きな価値を持ちつつあるのです。

NFTについてはNFTとは何か?なぜ注目?の記事で詳しく解説しています。

【NFT=アートではない!】NFTとは何か?なぜ注目されてる?出品したのでわかりやすく解説します

オープンシー(Opensea)

大見出し1

NFTを出品・売買することができる世界最大級のネット上の取引市場です。

例えるならメルカリみたいな存在です。
「NFTを売買するならまずはオープンシーだよね」という意識でOKです。
(NFTを売買する場所はオープンシー以外もあります)

実際私も初めてのNFTはオープンシーで出品しました。

操作もそんなに難しくはないのでまずオープンシーで出品、購入をおすすめします。

カ行

ガス

大見出し1

イーサリアムのネットワーク上で利用時に発生する手数料のことです。

  • 出品するとき
  • 購入オファーを受け入れる時
  • 購入オファーする時
などこの他にもありますが、このような場面で手数料を払うと取引を進めることができます。

市場の需要によって価格が変動し、高い時で数万円かかります。
価格はこちらのサイトで確認できます。

このガス代の高さがイーサリアムでNFTを売買する際の大きなネックになっていますね。
ただし、ガス代の安いポリゴンというネットワークを使えば比較的お得です。

クリプト

暗号通貨を意味し、crypto currency(暗号通貨)からきています。

コインチェック

大見出し1

暗号資産の取引所のひとつです。

仮想通貨の購入方法がシンプルでわかりやすく、無料で口座を開設することができます。

タ行

トークン

暗号通貨のビットコインのように、ブロックチェーン上(後述)で価値を表現されるデータのことです。

ちょっとなじみがなくわかりにくいかもですが、例えるならそろばんのたまみたいなものです。

数字を視覚的に理解するための代替物と考えてください。

マレーシアの地下鉄に乗った際に切符の代わりに使われていた、小さく丸いプラスティックもトークンと呼ばれてました。

大見出し1
価値を視覚的なイメージに変換するためにトークンとして表現されています。

ハ行

ブロックチェーン

大見出し1
情報を記録するデータベース技術のことで、鎖(チェーン)のように連結してデータを保管する技術です。

NFTはこの技術を利用して取引が行われています。

ブロックチェーンは「特定の誰かに権限を与えず情報を正しく記録する」のが、従来のデータ記録と違う点です。

大見出し1
しかもこんな素晴らしい特徴があります。

  • 障害やエラーに強い
  • 情報を改ざんされにくい
  • 情報を追跡しやすい
  • オープンで透明性が高い
そのためこれからブロックチェーンを使ったサービスが続々提供されると予想します。

ポリゴン

大見出し1

イーサリアムの第2バージョンという位置づけです。

取引の手数料であるGAS代の高騰問題を解消するためにつくられました。

手軽にNFT売買を始めたい人におすすめなのは、イーサリアムよりポリゴンです。

マ行

メタマスク

大見出し1

暗号通貨のウォレット(財布みたいなもの)です。

パソコンのブラウザに導入したり、スマートフォンのアプリをインストールすることで、いつでも暗号通貨の管理、送金、受け取りを可能にします。

NFTを取引するにあたり導入が必要です。

まとめ

以上が用語一覧でした。

今後も随時追加していく予定です。

もし修正点ありましたらトップページのコンタクトからご連絡いただけると幸いです。

NFTって何?なぜ注目?と疑問に思う方はこちらの記事もご覧ください。

【NFT=アートではない!】NFTとは何か?なぜ注目されてる?出品したのでわかりやすく解説します