PC版Canvaの簡単な使い方【画像18枚使って説明します】

カメラ/写真

編集ソフトCanvaを使ってデザインする方法を知りたい。

というわけでPC版Canvaの使い方を18枚の画像を使って説明します。
ちなみにこのブログのアイキャッチ画像や掲載画像もcanvaで編集しています。
canvaを使うと普通の写真もかなりオシャレな雰囲気になるので、ご自身でもぜひ試してみてください。

Canvaの使い方

canvaは誰でも簡単にデザインができる編集ツールで主にこれらのことができます。

  • SNSの画像やヘッダーを作れる
  • 文書やプレゼン資料を作れる
  • チラシ・ポスター・招待状が作れる

豊富なテンプレートの中から気に入ったデザインを選び、好きな写真を添付したり文字の種類・大きさ・色を簡単に変えることができます。
しかも多くの機能が無料で、ブラウザ上で使えるため大変便利です。

今回はツイッターのヘッダー画像の作成を例に説明しますが、他のテンプレート作成でも操作は基本的に同じです。

はじめに

まずは会員登録をしましょう。
GoogleかFacebookのアカウントを使えばパスワードを入力するだけですぐに完了します。
もちろん無料です。

こちらがホーム画面です。

赤枠「テンプレート」にカーソルを合わせると、テンプレートの種類を選ぶことができます。

①「デザインを作成」→②「カスタムサイズ」で希望通りのサイズでテンプレートを作ることもできます。
ちなみにこの画像は1200×630で作られています。

4

今回はツイッターのヘッダー画像の作成を例に説明しますので検索窓にTwitterと入力します。するとツイッターに関連したテンプレート例が出てくるので希望するものを選んでみましょう。
(今回はTwitterヘッダーを選びました)

ちょっとしたコツとして、この検索窓に関わらずCanvaで検索をする場合は必ず英単語で入力しましょう日本語で入力するより豊富なテンプレートや素材が見つけられます。

テンプレートの種類を選ぶと自動的にデザイン作成の画面になります。

左側に使えるテンプレートの一覧がでてくるので気に入ったデザインがあればクリックして選びます。

もし気に入ったものがなかなか見つからない場合は検索窓に希望するテンプレートを英単語で検索してみましょう。
例のように旅行系のヘッダーを作りたい場合は「travel」と入力すると風景のテンプレートがでてきますね。
ただテンプレートの写真やフォントの種類・色は後で変更できるので、なんとなく好きな雰囲気で選んでいいと思います。

選んだテンプレートの写真を変えたい場合は、写真を左クリック→右クリックで削除を選べます。

新たに添付する写真をCanvaから選ぶには①写真タブをクリックし、使いたい写真を英語で②検索します。(例えば食べ物関係の写真がよければfood、夜景写真がよければcity lightsなどです)

そして希望の画像をドラッグしてテンプレートにあてはめます。
普通にドラッグしようとすると余白サイズとうまく合わないことがなぜか多いです…。③の右あたりの場所までドラッグするのがコツです。

10

自分で撮影した写真を使いたい場合は①「アップロード」タブを選び、自分のパソコンのフォルダから②画像をドラッグして③にアップロードします。

11

①選んだ写真をドラッグして②あたりまでもってくると余白サイズにぴったりはまります。

12

写真がテンプレートにうまくはまった状態です。

13

もし写真の使う位置を選ぶ場合は写真をクリックしてスライドすると好きな位置を選ぶことができます。

14

もし写真の色味や雰囲気などを変えたい場合は「フィルター」か「調整」をクリックすると加工することができます。

15

特に①「調整」をクリックすると数値の細かい調整ができるので好きな雰囲気に変えることができます。

16

写真が調整できたら文字部分も編集しましょう。
①文字部分をクリックした後、②でフォントの種類・大きさ・色などを変更できます。

17

もちろんフォント類はいらなければ削除できます。対象物を左クリック→右クリック→削除です。

18

完成したら①ダウンロードマークをクリックし、ファイルの種類を選び②ダウンロードします。
ちなみにファイルの種類はSNSに投稿するのであれば「PNG」でも構いませんが、ワードプレスなどあまり容量を増やしたくない場合は「JPEG」にしましょう。

これで完了です。
自分のパソコンのダウンロードフォルダにファイルがダウンロードできてるはずなので確認してみましょう。

最後に

始めのうちは操作に慣れていないので少しあたふたするかもしれませんが、難しい操作は全くいらないので基本的にはあまり調べることなく色々な機能を使えるようになります。
ツイッターだけでなくインスタの投稿画像、YouTubeのサムネイルなども編集できるので様々な用途に使えますのでぜひ試してみてください。