ブログとnoteの違い5つ【それぞれのメリット・デメリット】 

ブログ
疑問点

ブログとnote、どちらも書いた文章を発信できるけど、実際どちらを使えばいいのだろう?

まだブログもnoteもやったことないので教えてほしい。

本記事の内容
  • ブログとnoteの違い
  • 実際に使ったメリット・デメリット
  • それぞれ向いてる人
  • 選ぶ際の注意点

この記事を書いてる私は過去にnoteで約30記事を公開し、ブログは現在50記事公開の目前です。

ブログとnoteのどちらにしようか迷ってる方は、それぞれのメリットとデメリットを参考にしてみてください。

私も最初はどちらにしようか迷っていたのですが、現在では使い分ける方法がわかってきました。

それではご覧ください。

ブログとnoteの違い

それでは早速、ブログとnoteの違いをあげてみます。

  • 発信内容の自由度
  • 更新するモチベーション
  • レイアウトの自由度
  • 費用負担の有無
  • 読者の反応具合

発信内容の自由度

ブログ:基本的に何でも好きなことを書ける。

note:noteの規則の範囲内で記事を公開する。

規則の範囲内と言っても、基本的には自由なのですが、

売上を公開して購入を煽る行為の禁止

未成年者による有料記事販売の制限

という規約が最近追加されました。

なのでお金の額が記載された記事は取り下げられる可能性が高くなります。

そういった事情があった旨を有名アフィリエイター達がSNSで明かしていました。

それに対して、自分のブログであれば先程の規約と関係なく記事を書けます。

それに発信内容に制限がないことは結構大事だと、ブログを始めてから感じます。

なぜなら最初のうちは自分がどんなことを今後発信していくか、明確にはわかりません。

なので制限がない方がいつでも方向転換できるので安心です。

私自身、ブログを開設して50記事近く書き始めたところで、やっと発信内容のコンセプトが固まってきた感じです。

こういった規約変更は、収益面でnoteだけに依存してしまう点でも多少リスクが伴いますね。

更新するモチベーション

ブログは自分専用のサイトなので、愛着の度合いや力の入れ具合が高い人が多いのではないでしょうか。

noteは自分が発信しなくとも、他の大勢の人が日々記事を公開してるので、サイト内は常ににぎわっています。

しかしブログは自分が更新を止めたら当然ながら何の動きもなくなります。

これがいいか悪いかは別として、

自分が管理者であるからこそ更新するモチベーションは高くなります。

かと言って、noteだと更新するモチベーションが低くなることは決してないのですが、

「急いでアップしなくては…」という強迫観念に襲われず、ゆったり続けることが出来ました。

レイアウトの自由度

ブログ:見やすいレイアウトを作れる機能が豊富(箇条書き、枠で囲む、字の色を変える)

note:文字は太字に変える程度に限られている。

noteよりブログの方が読者にとって見やすいレイアウトにこだわることができます。

文章を書くときは、レイアウトや装飾などを工夫して見やすくし、読者のことを考えるのが大事です。

なのでnoteで2000字以上を書くと、少し見づらいかな…という印象を受けます。

長すぎる文章だと見づらく感じてしまって、途中で離脱してしまう可能性もありえます。

費用負担の有無

ブログ:サーバー代(毎月約1,000円)ドメイン代(数百円)、デザインテンプレート(9,000円~)

note:有料機能もあるが基本的に無料で問題ない

noteだと無料で多くの機能が利用できるので、経済的負担が軽いです。

特にブログもnoteも未経験の場合、いきなり毎月のサーバー代を負担することに抵抗があるかもしれません。

そういった人でも気軽に利用できる点は大変魅力的です。

毎月のサーバー代が1,000円だとしても、更新を継続できるかわからない自分にとっては躊躇したのが本音です。

読者の反応具合

ブログ:記事を公開しても反応はうすめ。閲覧数も3か月くらい書き続けないと上がらない。

note:閲覧数が多めで、記事を公開した翌日または当日にはスキ(いいね!みたいなもの)がもらえる確率が高い。

これは記事を書く側のモチベーションをかなり左右します。

ブログは反応が遅い、かつ少ないので、モチベーションの維持は結構大変だったりします。

しかもnoteの場合、同じようなジャンルの記事を書いてる人から反応をもらえることが多いので、嬉しくてやる気につながります。

それぞれのメリット・デメリット

先述した内容と多少かぶる点もありますがが、それぞれメリット・デメリットをあげてみました。

ブログ

メリット
  • 発信内容、デザインなどの自由度が高い
  • 自分の個性を発揮できる
  • 収益性が高い

 

デメリット
  • 初期設定に手間と時間がかかる
  • 費用がかかる
  • トラブルがあったときは自己責任

note

メリット
  • 簡単に記事を公開できる
  • 無料でほとんど使える
  • 読者の反応を得られやすい
デメリット
  • 使い方の自由度が低い
  • 無料のプラットフォームなので突然の終了もありえる
  • 規約変更により影響を受けるリスクがある

それぞれ向いてる人

ブログとnoteそれぞれに向いている人のイメージをあげてみました。

ブログ
  • 規則に縛られず自由に発信したい
  • 自分専用のサイトがほしい
  • レイアウトや見た目にこだわりたい
  • 収益化したい
  • 発信を長く続けていきたい
note
  • 気が向いたときに気軽に記事をアップしたい
  • 収益にこだわらずアウトプットを楽しみたい
  • 規約変更や突然のサービス終了などのリスクを承知できる
  • 費用の負担を軽くしたい
  • 読者の反応が早めにほしい

ブログとnoteを使い分ける方法

両方を経験した結果、このような使い分けをおすすめします。

  1. ブログを開設してある程度のPV数を達成して読者を獲得できたら、noteで有益な記事を有料で公開する。
  2. ブログの読者を獲得するためにnoteでも記事を公開してみる。
  3. どちらで記事を書こうか迷ってるので、まずはnoteに記事をいくつかアップして、継続できそうならブログを開設してみる

自分の場合③でした。

いきなりブログを開設しても続けられるかわからなかったので、まずはnoteに30記事ほどアップして実践してみました。

その結構楽しかったのでブログ開設に踏み切りました。

そもそもnoteはほぼ無料で簡単に登録もできるので、まずは気軽に記事をアップしてみたらいかかがでしょうか?

それから決めるのも全く遅くないですしね。

選ぶ際の注意点

どちらを選んだとしても収益だけを目的にしないことをおすすめします。

まず収益を得るには、記事の公開を積み重ねて、読者の信頼を得ることが大前提です。

なのでまずは継続することを目的にしないといけないですよね。

ブログの場合は少なくとも100記事を書き始めてからがスタートと言われています。

noteも数記事書いただけでは多くの収益を見込むことはかなり難しいと思います。

けれど、すぐに収益を得られなくても楽しさを感じることができます。

  • 自分の思いをアウトプットすることで思考の整理になる
  • 理路整然とした文章の書き方が身につく
  • 読者を獲得するために勉強するのでSEOの知識が身につく

収益を獲得するまでにもこのようなメリットがあるわけですね。

なのでまずは「どちらが継続できそうか」の基準で選んだ方がいいでしょう。

まとめ

自分の発信媒体を所有するのか、プラットフォームを借りるのかでメリットとデメリットが大きく変わってきます。

ただしnoteは無料なので登録してすぐに記事を公開することが可能です。

試して判断してみましょう。