デザインを始めるんだけど何を使えばいい?基本の素材サイトを5つまとめました【これさえあれば無料でおしゃれなデザインが可能】

デザインの基礎
  • 店内に飾るちょっとしたポスターを作りたい
  • SNSやWEB上にアップするおしゃれな画像を作りたい
  • YouTubeやブログのサムネ画像を作りたい

こういった悩みをもつノンデザイナーの方に向けて『これだけあればデザインを始められる基本の素材サイト』を紹介します。

もちろんすべて無料のサイトです。

簡単におしゃれにするコツも記載してるので、この記事を読み終わったら何から始めればいいかわかりますよ。

デザインを始める際に使う無料素材サイト5つ

さっそく「この5つさえあればデザインを完成させられる」素材サイトをご紹介します。

画像付きでわかりやく解説しますね。

①まさにキャンバス『canva』

大見出し1

オンラインで使える無料のグラフィックデザインサイトです。
思い通りのデザインができる、その名の通りキャンバスみたいなものです。

  • SNSの投稿画像を作る
  • プレゼンテーション用の資料を作る
  • ポスターをデザインする

目的別に用意されたデザインテンプレートは、クオリティが高く、誰でもおしゃれなデザインができます。

ぶっちゃけ、これさえあればこの後紹介する素材サイトはほとんどいらない、っていうぐらい何でもできちゃいます。

ただ少しだけオリジナリティを出すためにも他の素材サイトも紹介しておきますね。

canvaの使い方

グーグルアカウントがあればすぐにログインできて、画像を保存することができます。

大見出し1

 

 

作りたいデザインのテンプレートを選びます。

大見出し1

 

 

デザインできる真っ白なページが登場するので、ここに色々と描いていきます。

大見出し1

 

左側から好みのテンプレートを選んで、それを自分好みの色や画像に変更していきます。

大見出し1

 

 

この続きはこの先の章で解説していきます。

②センス・クオリティ抜群の写真素材『Unsplash』

Canvaでテンプレートを選んだら、元々ついてる画像を自分の目的にあった画像に変更したいですよね。

そんな時に使えるフリー素材の写真サイト『Unsplash』です。

unsplash

(引用:https://unsplash.com)

海外のセンスの良い高画質な写真が揃ってます。

商用利用可

使いたい画像の種類を英語で検索窓に入力し、気に入った画像をダウンロードします。
大見出し1

大見出し1

 

canvaで素材を使う方法

『Unsplash』からダウンロードして自分のPCに画像を保存します。
それをCanvaにも保存させてテンプレートの画像を変更します。

大見出し1

 

もちろんCanvaで写真を探すことも可能です。

大見出し1

③流行りのフラットデザインのイラスト『テックピック』

大見出し1

 

今流行りのフラットなイラスト・素材を無料でダウンロードできるサイトです。

  • 個人、法人、商用利用可
  • 書籍、チラシ、パンフレット、Web、パワーポイントのプレゼン資料などに
  • 1つの制作物につき30点まで使用可能
  • デザインやプレゼンの資料の一部として利用すること

トレンドを取り入れると今っぽいデザインが出来上がりますね。

 

カテゴリからイラストを探せます。

大見出し1

気に入った画像をダウンロードします。

大見出し1

 

canvaで素材を使う方法

イラスト素材もさきほどの画像を保存した時と全く同じ方法です。

大見出し1

④配色は『coolors』におまかせ


(引用:https://coolors.co/5c6f68-8aa39b-95d9c3-a4f9c8-a7fff6)

次は配色を提案してくれるサイトです。

配色はデザインする上で重要な要素です。
色合いがまとまってるだけでデザイン全体の見栄えが良くなります。

『coolors』はスペースキーを押すたびに5色のカラーパレットがランダムで表示されます。

もし5色のうち気に入った1色があれば、その色だけをロックして別の4色のパターンを表示することが出来ます。
大見出し1

ひたすらスペースキーを押し続ければいいので楽ですね。

 

ここで選んだ配色をCanvaに反映してあげましょう。

大見出し1

⑤フォントの種類が決められる『Google Fonts』

大見出し1

 

フォントの種類にもこだわりたい、そんな時におすすめなのが『Google Fonts』です。

Googleが提供する無料のWebフォントです。

シンプルで使いやすいフォントを3つほどあげておきます。

 

①Noto Sans JP

大見出し1

 

②M PLUS Rounded 1c

大見出し1
③Sawarabi Gothic

大見出し1

canvaでフォントを変更する方法

大見出し1

デザインの素材サイトを使って簡単におしゃれにする3つのコツ

ここまで紹介した素材サイトを使って簡単におしゃれにするコツを紹介します。

コツその①元々のテンプレートを変えすぎない

元々のテンプレートを大きく変更することはおすすめしません。

元々のテンプレートはバランス良くデザインされてるので、下手にいじるとバランスが悪くなります。

元のテンプレート

大見出し1

フォント・画像を大きくしすぎ

大見出し1

 

変更箇所はこれくらいにしておきましょう。

  • イラスト素材(同じくらいの大きさにする)
  • 画像
  • フォントの種類

要は何かのサイズを大きく変えてバランスが悪くなることは避けたいですね。

コツその②3色以内におさえる

使う色は3色以内にします。

その方がまとまりがよくなります。

大見出し1

 

特に原色(赤や青)をたくさん使ってしまうと途端にダサくなります。

ただ、この3色を選ぶ作業が結構難しいです。

たとえ配色見本の通り選んだ色だとしても、いざ自分のデザインに設定するとイメージと全然違ったり…。

相手に伝わるデザインにしたいのであれば、やはり勉強が必要です。


デザインを学ぶすべての人に贈るカラーと配色の基本BOOK

色に関する知識ゼロの人に超基礎から教えてくれる本です。
他の本より初心者向けに書いてあるので、テクニックをマネしやすいですね。

好きな色「だけ」を選んでたのは失敗だったんだと気づかせてくれました。

コツその③文字の位置は揃える

文字は揃えて配置してあげるとバランスが良くなります。

大見出し1
大見出し1

コツその④余白を多めにとる

デザインにゆとりをもって余白を作りましょう。

大見出し1

さきほど紹介したように、フォント・画像などを大きくし過ぎてテンプレート全体を使うと、バランスが悪くなります。

それぞれの素材(フォントやイラスト素材)を控えめにしてあげる方が余白ができておしゃれにみえます。

まとめ

というわけでデザインをおしゃれにするコツをまとめました。

  • テンプレートを変えすぎない
  • 3色以内におさえる
  • 文字の位置は揃える
  • 余白を多めにとる

ルールの範囲内でデザインした方が意外にうまくいきます。

ちなみにデザインを基本から学びたいという方はデザイン基本4原則の記事をご覧ください。

【超単純】デザインの基本4原則をわかりやすく図解します【センス以前に大事なこと】

自分では上手くできないから人に頼みたい

そういった方がいらっしゃいましたら私がデザインさせていただきます。

  • Twitterのヘッダー
  • ブログのアイキャッチ画像
  • YouTubeのサムネ
  • その他WEB画像

ココナラよりお申し付けください。

大人シンプルなTwitterヘッダー画像を作ります 30・40代女性向けのきれいめデザイン!

ブログのアイキャッチ・ヘッダーを作ります 30~40代女性読者向けの大人シンプルなデザイン!

女性ウケ◎YouTubeサムネ/ヘッダー作ります 30~40代女性向けの大人シンプルなデザイン!

今回はここまでです。