情報発信のメリットとデメリット5つ【自分の可能性が広がります】

ブログ
疑問
ブログやSNSを使った情報発信は実際にどんなメリットとデメリットがあるのだろう?
まだ情報発信をしてないので、メリットとデメリットをふまえた上で挑戦してみたい!
普段ブログやSNSをしない人にもわかるように解説してほしい!
本記事の内容
  • 情報発信のメリットとデメリット
  • 情報発信の重要性と注意点
  • 気軽に発信する方法

この記事を書いてる私は2,000~4,000文字の記事を発信してきました。

  • 当ブログで50記事
  • YouTubeで40本程の動画
  • noteで30記事

情報発信に興味のある方は、後述する気軽に発信する方法を試してみてください。
最初は不安を感じるかもしれませんが、発信を続けてみると段々楽しくなってくるはずです。
そして「これから情報発信したい!」と思っている方は、記事を読み終わるとまず何から始めればいいかわかると思います。
それでは早速ご紹介していきます。

情報発信のメリットとデメリット

情報発信をする際のメリットとデメリットを実際の経験をもとに解説します。

メリット
  • 知識が増える
  • 思考力を鍛えられる
  • 影響力を与えられる
  • トレンドに敏感になる
  • とにかく楽しい

それではメリットからひとつずつ見ていきます。

知識が増える

発信する内容について本を読んだり調べることが多いだけでなく、伝わる文章の書き方、読んでもらうための心理的なテクニックなどの知識も増えます。

そして発信内容だけでなく、SEOの知識や見やすいサイトのレイアウトなど、発信内容以外の知識も増えていきます。

最初のうちはたくさんのことを調べなければならず大変ですが、1~2か月経つと慣れてくるので新たな発信のアイディアが浮かぶ余裕もでてきます。

特に文章の書き方や読んでもらうための心理的なテクニックなどは、情報発信に限らず日常生活での会話にも使えたりします。

思考力を鍛えられる

発信内容を見ている人が理解しやすいように、理路整然とした内容にまとめる必要があるからです。
さらに他者にとって

  • 困っている問題は何か
  • どうすれば解決するか

を考えるわけです。

他者の考え×自分の価値観

こういった思考をするようになり考え方の幅が広がります。

くわえて、常に発信するネタを探している状態なので思考している時間は自然と長くなります。
基本的にお風呂の中でも明日の発信は何しようと考えてたりします。
これは人によってはデメリットと感じるかもしれませんが、今となっては過去の自分はほとんど思考停止していたと後悔します。思考するほど行動の幅が広がるからですね。

影響力を与えられる

これは長く継続したらの話ですが、ある程度の実績が積み重なると、自分の発信に耳をかたむけてもらいやすくなりますよね。
それと同時に発信内容の価値も高まります。

もし私がこれまでブログもYouTubeもやっていなかったら、情報発信経験のない人とみなされるので、情報発信に関するこの記事を見てくれる人は圧倒的に少なくなるはずです。
しかし少しずつ経験を積み重ねることで見てくれる人も同じように増えてくれます。

トレンドに敏感になる

情報発信する際は、現在流行っていることや時代の流れを読み取る必要があるからです。
トレンドに沿った内容を発信するからこそ多くの人が注目してくれますよね。

例えば最近の世間の流れを無視した「100人規模で会食できる会場3選」なんて記事を出しても、見てくれる人は少ないはずです。

ブログを開設してから特に感じるのは、学習意欲の高い方が増えているという印象です。不安定な時代なので副業の需要はかなり高いですね。

とにかく楽しい

やはり自分の関心のあることについて調べたり考える時間が長いからです。
しかも頭の中の考えや知識をアウトプットするとスッキリして気持ちがいいのです。脳科学的には「気持ちがいい→楽しい」につながる仕組みになっています。

そして情報発信が楽しいのは、人間の本来もってる自己表現の欲求を満たせるという理由もあると思います。

ブログのデザインやプロフィール画像などで、自分の世界観を表現できることも楽しさのひとつです。しかも世界観がある方がファンもつきやすいですよね。

それでは次にデメリットを見ていきましょう。

デメリット
  • 時間を消費する
  • 考えることに疲れる
  • モチベーションが下がる時がある
  • 場合によってはお金がかかる
  • 個人情報へのリスクがある

時間を消費する

テキストでの情報発信だとこのような工程です。

  • 発信内容を考える
  • 構成を組み立てる
  • 記事を書く
  • 画像を選んでアップする

経験上動画で発信する方が時間がかかりました。

  • 発信内容を考える
  • 撮影する
  • 編集する
  • アップする

実は記事を書くことより構成を組み立てることに時間をかけています。そうでないと筆が進みません。特に発信内容を考えてそれを形にすることに多くの時間とエネルギーを使います。

そして記事を公開出来た後もアクセス数を増やすための勉強時間が必要になります。

ちなみに50記事を超えても、1記事公開するまで8時間くらいかかります。
しかしながら書けば書くほど時間は短縮されていくので、慣れを求めて書き続ける感じです
これを聞いた人は厳しそうだなと感じるかもしれませんが、まずは量産しないと質も上がっていかないので、最初のうちは慣れるために発信しまくるという感じです。

考えることに疲れる

記事を書く際のSEOキーワード、記事の構成、読みやすい文章、見やすいレイアウトなど様々なことを考える必要があるからです。そして閲覧数が伸びないとさらに悩む…という流れです。

正直な話、会社員時代はここまで色々なことを考えずに仕事していました。目の前の仕事をルーティンワークとしてこなしていましたが、発信内容を決めるには読者の気持ちを想像する必要があるのでルーティン化は不可能です。
しかしこのデメリットは言い換えれば創造性が養われるということにもなりますね。

モチベーションが下がる時がある

発信したコンテンツが閲覧数として数字で表れるため、その結果に気持ちが影響されやすくなります。
特にブログの場合、発信から2~3か月経って反応が生じることも多いので、結果を急ぎすぎるとモチベーションは下がってしまいます。
それにどうしても投下した時間の回収率が悪くなってしまいます。

なので発信したばかりのころはあまり数字を追わない方がいいです。私は月に1度だけ閲覧数などデータをチェックするようにしています。

そして大事なこととして、閲覧数などの数字は自分の成績ではなく、ただの実験データとしてとらえることです。

閲覧数が低い→この方法での実験は失敗→別の実験をしてみよう

こんなマインドでいる方が継続しやすくなります。

場合によってはお金がかかる

有料ブログの一例です。

  • サーバー代(毎月約1,000円)
  • ドメイン代(数百円)
  • デザインテンプレート(9,000円~)

もしYouTubeで動画の発信をする場合は機材等を購入する必要がでてくる可能性もありますね。

なのでいきなり費用をかけることに抵抗がある人は、無料ブログや無料のプラットフォームを使って情報発信を始めるのもいいでしょう。私も最初はnoteで30記事書いてからブログ開設に進みました。

このように有料ブログだと費用がかかり続けるので、撤退する条件を決めるのもアリかなと思います。
「〇月まで収益〇円いかなければ撤退する。」など具体的な数字を用いて条件を決めることをおすすめします。

個人情報へのリスク

個人を特定できるような情報を発信するとどうしてもリスクは高まります。
ただし実名、顔出しだと信用度が高まることもあるため、一概にデメリットとは言いづらい面もあります。

フォロワー側の観点からすると、顔や私生活が見えないからこそ雰囲気を保ててる人もいると思います。その人のイメージみたいなものですね。なので無理して公開しなくてもいいと思います。

情報発信の重要性

そもそもなぜ情報発信が重要なのか?

理由は個人が発信媒体をもつことで自分の可能性を大きく広げられるからです。

例えば
  • 組織に属しているより自分の個性を生かせる
  • 声が届きにくい場所にも届きやすくなる
  • 自分で考えて行動する力を高められる

こういったことが可能になります。

そして、勉強することも大事ですが、先に発信してしまった方が具体的な行動策がわかりやすくなります。

過去の自分:発信する情報を探すために勉強する

勉強を始める→発信するが自分の経験じゃないから難しい→何を勉強していいか迷う

今の自分:とりあえず自分の経験から発信して足りない部分を勉強する

現在の知識を発信→アクセスが増えない→増やすために必要な知識を学ぶ→次の発信に反映する

こんな風に先に行動することで必要なインプットが見えてきます。
なので、現在何を勉強すればいいかわからない人には、まず情報発信から始めてしまうことをおすすめします。

発信する際の注意点

それは大多数の人に向けて発信しないことです。

多くの人に向けて発信すると結局誰の心にも響きません。
多くの人に共感してもらおうとすると、当たり障りのない内容になりがちです。

なので誰かひとりに向けて発信するつもりがベストです。

  • 過去の自分が困っていたことを解決する発信
  • 友達の悩みを解決できるような発信

その方がリアルな心情をイメージできます。

実はこの記事も過去の自分に向けて教えてあげたいことです。
まだブログもSNSもやっておらず、勉強や読書にばかり精を入れて、アウトプットを全くしていなかった時です。そんな自分にインプットよりアウトプットの方がよほど成長できることを教えたいです。
なので発信する際はこのように誰かを思い浮かべてリアルに想像してみましょう。

気軽に発信する方法

noteやTwitterを使い無料で気軽に始めてみましょう。

noteは色々なクリエイターが利用していて個人的な心情を発信できる雰囲気があります
それに対してブログは解説系の記事が多めなので少しハードルが高いと感じてしまうかもしれませんが、noteは日記風の使い方もできる所が気軽です。

そしてTwitterは140字の制限があるので簡潔に起承転結をまとめる力がつきます。
もしブログやYouTubeを始めるにしてもSNSでの集客が必須なので始めておいて損はないです。

そして内容は、過去に自分の悩みや問題が解決したことを発信してみましょう。

こういった感じで自分の気づきを発信すれば大丈夫です。
これは同じようにネットで発信することを躊躇してる人に届けばいいなと思いながらツイートしてます。

発信する前は大した内容じゃないから不安になりますが、最初からクオリティの高い発信をするのは難しいのであきらめましょう。
量をこなすことで質は上がっていきます。

文章組み立てのコツ

そして発信するにあたり文章を作るコツがあります。

まず1つは上記のように箇条書きにしてツイートする。
もう1つは下記のテンプレ通りに文章を組み立てます。

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

ひとつ例文を作ってみました。

  1. 主張:発信する際は文章の組み立て方に気をつけましょう。
  2. 理由:読者側が理解しやすくするためです。
  3. 具体例:例えば箇条書きにする、テンプレ通りに組み立てるなどの方法があります。

そして無名の自分の発信など誰も気にしてないので、こちらも気にせず発信してみましょう。
まずは無料で気軽に使える媒体から始めてみましょう。

まとめ

情報発信にはこのようなメリット・デメリットが存在します。

メリット
  • 知識が増える
  • 思考力を鍛えられる
  • 影響力を与えられる
  • トレンドに敏感になる
  • とにかく楽しい
デメリット
  • 時間を消費する
  • 考えることに疲れる
  • モチベーションが下がる時がある
  • 場合によってはお金がかかる
  • 個人情報へのリスク

しかし 個人が発信媒体をもつことは自分の可能性を大きく広げられるチャンスなので、インプットよりアウトプットを優先しましょう!

>おすすめのアウトプット方法はこちらです!