キャンドルを手作りしたら簡単なのにちょっと失敗した(笑)【キットがあればらくちん!】

雑記

キャンドルを簡単に手作りしたい!どんな材料や道具が必要?

というわけで家でキャンドルを手作りしてみました!
簡単に作れるキャンドルキットを使ったので新たに道具を買い足す必要はなし。家にある道具で出来ちゃいました。

やり方はとっても簡単なんだけど、一部失敗しちゃった点もあるので作業上の注意も一緒に説明します。

キャンドルを手作りしてみた

必要な材料と道具

キャンドルを手作りするのに使った道具と材料は以下のとおりです。

  • わりばし
  • ハサミ
  • 新聞紙
  • 軍手
  • キャンドルキット  

キャンドルキットとはこれのことです。

このキットにはこのような材料が含まれてます。

  • 説明書
  • ソイワックス
  • ガラス瓶
  • キャンドルの芯

で、このキットがポイントなんだけどワックス(キャンドルの原料)を袋に入れたまま湯煎できるので鍋を新たに買う必要がなくてすっごっく便利!!
そもそもキャンドルって元の材料であるワックスを鍋に入れて、温めながら溶かすわけです。
なので使った鍋は汚れるので料理には使えなくなっちゃう。
だから本来であればキャンドル専用の小鍋を用意しなくちゃいけないのだけど、コレは写真のとおり袋に入れたまま鍋で湯煎できるから鍋が汚れなくて、とっても便利!!
しかも後片付けも簡単だからありがたい。

キャンドルの作り方と注意点

もちろんキットに添付された説明書のとおりに作れば大丈夫!
が、不器用な私は軽く失敗した箇所もあるので注意点とともに紹介します。

順序①

割ってないわりばしの間にキャンドルの芯をはさんでビンの真ん中にたらします。
必ずビンの底に芯がくっつくように置くこと。

【注意ポイント】
写真は芯が上にいくにつれて左にずれてきてる!これが失敗の元だったのでビンの中央から芯をまっすぐ立たせましょう。

この作業はキャンドルを固める場所でするか、今のうちに移動させておきましょう。(ワックスを流し込んでからビンを移動させると表面が平らにならない可能性があるためです。)
汚れるので新聞紙をひいておきます。

順序②

ソイワックスを湯煎で溶かします。沸騰したお鍋の中に袋のままソイワックスを入れてください。(弱火)
くれぐれも火傷注意!!!

3分くらい経つとこれくらい溶けてきますよ~。
20分で完全に溶けました。(ワックスが置いてあった部屋の温度によって時間は変わってくると思います)

順序③

火傷防止のため軍手をつけましょう。
袋の真ん中あたりをはさみで切って、溶けたワックスをビンにゆっくり流し込み、ビンのふちから1㎝下くらいまで注ぎます。

【注意ポイント】
絶対にゆっくり少しずつ流し込んでください。
ドキドキしてた私は勢いよくドボドボ注いでしまい空気が入ってしまいました…。
そしてビンのふちスレスレまで注がないように!!

これは完全に入れすぎです!

15分くらい経つと底が白く固まってきました。(室温で所要時間は変わります)

順序④

ワックスが冷めてしっかり固まったら、芯を1㎝ぐらいの長さに切って完成です。
2時間くらいで全体が白くなりました。

こちらが完成したもの。
わりばしの後がクッキリ(笑)
芯も真ん中よりずれてる!
そして勢いよくソイワックスを注いでしまったため空気が入ったようで空洞ができてしまった…。

これらの失敗を防ぐためには

  • 芯をまっすぐ立たせる
  • ソイワックスはゆっくり注ぐ
  • ビンのふちから1㎝下くらいまで注ぐ

という点にご注意ください!

では実際に火を灯してみました~。
わりばしの跡が気になるけど(笑)キャンドルを手作りすることが目的だったので良しとしよう(笑)

細かい失敗点はあったけど、このキットの場合湯煎して型に流し込むだけなので複雑な工程はなく楽しめました。
「キャンドルって一体どうやって作るのだろう?」って思ってる人は一度やってみると大まかなキャンドル作りがわかると思います。

初めて手作りする際におすすめのキット

初心者向けのキャンドルキットを使うことをおすすめします。必要な材料がセットになっているので鍋などの道具を用意するだけで済みますよ。

ちなみに私がもう一つ一緒に購入したキットはこれ。

鉱石キャンドルキット/手芸用品 手作り ハンドメイド クラフト用品

こちらは色を付けたりカットをして形を整える工程もあるので、今回紹介したキットよりもオリジナリティがだせますね。その分少し手間がかかると思います。

とにかく簡単に作りたい!、ワックスを型に流し込むだけのシンプルな作業だけでいい、という人は今回紹介したキットが最適です。

さいごに

ちょっと失敗しちゃったところもあるけど、複雑な作業がなく簡単に作れたので楽しかったです。
気軽に作れるキットを使えば用意や片付けもらくちんなのでぜひ試してみてくださいね!

火を使わないキャンドルライトを間接照明として使ってみた記事はこちらです。