ブログでアウトプットするメリット5つ【必要なインプットが明確になる】

ブログ
疑問
アウトプットした方がいいって聞くけど、ブログでアウトプットするとどんなメリットがあるのだろう?
文章を書くことに慣れていないので、ブログの書き方を覚えて効果的なアウトプットをしたい!
普段ブログを書かない人にもわかるように解説してほしい!
本記事の内容
  • ブログでアウトプットするメリット
  • アウトプットの重要性
  • 実際のアウトプットでやるべきこと
  • 注意点

この記事を書いてる私は、2,000~4,000文字の記事を当ブログで50記事超、noteで30記事アウトプットしてきました。

ブログでアウトプットをしようか迷ってる方は、テンプレ通りの書き方をご自身でも試してみてください。
最初は慣れないと大変かもしれませんが、アウトプットの効果を感じるとだんだん楽しくなってくるはずです。
それでは早速ご紹介していきます。

ブログでアウトプットするメリット

実際の経験によるメリットです。

  • 思考の幅が広がる
  • 知識が増える
  • 説明力が向上する
  • 記憶が定着しやすい
  • 必要なインプットが明確になる

思考の幅が広がる

2つの方向から物事を考えることで思考の幅が広がります。

  1. 読者の悩みや問題について広く考える
  2. 自分の経験と価値観で深堀りする

こういった思考をすることで深く広く考える習慣がつきます。

ブログを始める前は基本的に②の自分側の立場のみで思考していました。読者側の視点に立つことがなかったので自分の世界だけで思考していて、考えが広がりづらかったです。

知識が増える

ブログを開設したことで付随する知識が増えました。

  • アクセスを増やすためのSEOに関する知識
  • SNSの最適な運用方法
  • 伝えるための心理学的知識
  • 理路整然とさせるための文章構成
  • ワードプレスの使い方

特に手に入れた知識をすぐに使える点がブログのメリットです。

文章術の知識を手に入れる→すぐにブログで使ってみる

こうするとインプットとアウトプットの循環が早くなり、小さな成果が積み重なりやすいです。

説明力が向上する

人に読んでもらうためにわかりやすい説明を心掛けるようになるからです。
しかも勉強したことを自分の頭の中にしまったままでいるよりも、ブログで説明する方がより理解が深まります。
特に自分の体験談を例にして説明するとより説得力が向上します。

記憶が定着しやすい

これは実験でも実証されていますが「人に説明した方が記憶に残りやすい」です。
なので自分が手に入れた知識をブログでアウトプットすることで忘れづらくなります。

特に読んだ本の忘れたくない箇所をブログに書き記すことで、他の人にも有益な情報が届くだけでなく、自分も忘れにくくなるメリットがあります。

必要なインプットが明確になる

書くという行動を起こすことで、自分に足りない知識やテクニックが浮き彫りになります。
もしインプットばかりしていると自分にとって本当に必要な知識・スキルが何なのか、具体的にわかりづらいです。

インプット(勉強)→インプット(勉強)→インプット(勉強)→どこで仕入れた知識を使う?

アウトプット→問題点が浮き彫り→必要なインプット→行動に反映(アウトプット)
過去の自分は上段のようにずっと勉強ばかり続けていました。

しかし、ブログを書いている場合は必要なインプットがわかりやすくなります。

とりあえずブログを書く→読みやすい文章が書けない→文章構成術を学ぶ→構成術を使って書く→少しスキルが向上する
この作業の繰り返しなので小さな成果が積み上がりやすくなります。

アウトプットの重要性

なぜアウトプットが重要なのか?

理由は、アウトプットは書く・話すなどの具体的な行動なので結果につながりやすいからです。
それに対してインプットは脳内に情報をためるにとどまります。情報は使うことではじめて役に立ちますよね。

私はこれまでTOEIC820点をとるまで勉強しましたが、正直言ってブログを更新することの方が自分としては難易度高めです。

ブログとTOEICをざっくり比べるとこんな感じです。

TOEIC:テストに出題されやすい英文をひたすら覚える
→基本的にインプットがメイン

ブログ:知識のインプットとアウトプットを繰り返す
→頻繫なインプットとアウトプット

試験勉強に比べるとブログは思考する時間が多めなので脳の負担が大きいです。

そしてアウトプット行為を続けることで圧倒的に自分が成長できます。
決してTOEIC試験が成長できないという意味ではありませんが、正解がわからないブログは試行錯誤の繰り返しでハードなため鍛えられます。

というわけで結果をだすにはインプットだけでなく、アウトプットして実際に行動にうつすことが大事です。

実際のアウトプットでやるべきこと

ブログで実際にアウトプットする際にやるべき2つのことがあります。

  • 読者の悩みを解決すること
  • テンプレ通りに書くこと

読者の悩みを解決すること

アウトプットする内容は、ブログを読んでいる人の悩み・問題を解決できることが条件です。
もし自分が読者の立場だったら、何の解決にもならない記事は読む気にならないですよね。
なので読者の立場に立つことが大切です。

その方がアクセスも増えてモチベーションが上がりますよね。
他者に貢献することは自分にも価値があるのです。

テンプレ通りに書くこと

このテンプレ通り書くことで理路整然とした文章になり読みやすくなります。

  • 主張
  • 理由
  • 具体例

テンプレに当てはめて例文を作ってみました。

  • 主張:ブログを書く際は読者の悩みを解決できる内容にしましょう。
  • 理由:アクセスを集めやすいからです。
  • 具体例:例えばブログの開設方法、文章の書き方に関する記事などです。

特に読者の悩みを解決できる記事を書くことは、常に意識していないと結構難しいです。
気づいたら自分の書きたいことを書いてしまい、読者にとって不要な情報だったりします。

ブログでアウトプットする際は、「読者の悩みを解決する・テンプレ通りに書くこと」を常に意識して書きましょう。

注意点

ブログを書くための勉強ばかりしないことです。
まずは記事を書いて先に手を動かした方がコツをつかみやすいです。

書く→わからないことを調べる→記事に反映する

この流れを繰り返した方が記事の質は上がりやすいです。

ちなみに50記事書くまでの勉強の目安はこのぐらいでした。

1【勉強】:9【書く】

まず最初にひたすら書き続けることで慣れて余裕がうまれます。

8時間くらい記事を書いて、それ以外の時間に読書や他の人のSNS・ブログを見て勉強していました。
そして勉強して学んだことを次の記事を書く際に必ず反映させることが大事です。
というわけで始めのうちは勉強より記事を書くことを優先させましょう。

 

ーでは以上ですー