ブログの毎日更新なんて無理!そんな時に試してほしいこと

ブログ
ブログを毎日更新した方がいいって言われてるけど、ぶっちゃけ無理!!
少なくとも朝9時~夜6時までは会社にいなきゃいけないし残業もある…。
どうやって毎日更新したらいいの!?

ブログを運営している多くの人が悩むことですよね。

私はこのブログで現在100記事近く公開しており少額ですが収益が発生してる状態です。
そして開設から60記事を書くまではほぼ毎日更新を続けた経緯があります。
でもそんな中で毎日更新することより大事なことに気づきました。

なかなか更新できなくて挫折しそうという人は「毎日更新よりやるべきこと」の項目をチェックしてみてください。
モチベーションが少し上がるはずです。

ブログの毎日更新が無理な時に試してほしいこと

毎日更新よりやるべきこと

「ブログは毎日更新するべき!」

ブロガーならそんな声をよく耳にすると思います。
実際のところ毎日更新するメリットが大きいのは事実です。
毎日更新のメリットについて解説した記事はこちら

これまで100記事近く公開してきた自分が声を大にして言いたいのは「ブログの毎日更新は無理ゲー」です。

だって1記事書くのに8時間はかかるんですよ!?
はっきり言って時間がたっぷりある人じゃないと書けない…。

だからフルタイムで仕事しながらブログを毎日更新してる人、マジで尊敬します。
(そういった方はこの記事を読まなくて大丈夫です。)

で、毎日更新なんて無理…と思ってる人に伝えたいことがあります。

それは「毎日更新するのではなく毎日ブログを書こう」ということです。
つまり更新はしなくていいから文章は毎日書く!です。

文章を書く作業を毎日するかしないかで上達速度がマジで違います。

ブログの一番大変な時って書く作業にも慣れてない、ワードプレスの知識もあんまりない、っていう初期段階なんですよね。

なので書く作業に慣れてくるとその後は少しずつ楽になっていくんです。

私が最初の50~60記事をほぼ毎日更新していたのも書く作業に慣れるためです。
毎日同じことをやってると人ってだんだん楽にこなせるようになるんですよね。

ちなみにTOEICの勉強をしてる時も同じでした。
毎日英文にふれていると英語の感覚をつかみやすくなるんです。

なのでブログは毎日更新するんじゃなくて、記事を毎日書きましょう!と伝えたいです。

毎日作業する方法

記事を毎日書くって言っても具体的にどうやるか?

この章ではそれを説明したいと思います。

まずブログ文章の書き方を解説しているこの記事を読んでほしいのですが、記事をアップするまでの作業を分けると4つの段階があります。

  1. 検索キーワードと読者層を考える
  2. 記事の構成を考える
  3. 記事を読んでもらうための冒頭分を書く
  4. 構成に文章を肉付けする

この4段階のうち1日1つの段階を毎日行えば毎日文章を書くことになるし、週に1~2記事はアップできるはずです。

要は1記事に必要な工程を一気に1日で終わらせるのではなく毎日手分けしようということ。
(各工程のやり方はさきほどの記事を確認してくださいね)

①検索キーワードとの読者層を考えるは通勤電車やお昼休みでも考えられると思います。

そして一番大変で重要なのが②記事の構成を考えること。
ここをしっかりやってるかどうかでこの先の工程に大きく影響がでます。

③冒頭分を書くは慣れるまではちょっと頭を悩ますかもしれませんが、書くことは完全に決まってます。

④構成に文章を肉付けする、は構成がしっかりできていれば自然と文章が頭に浮かんできます。

月曜日:キーワードと読者を設定し記事の構成を作る
火曜日:記事の冒頭分を作る
水曜日:構成に文章を加える
木曜日:前日の続き
金曜日:記事をアップする

アイディアのひとつとしてこんなスケジュールはどうですかね?

もちろん人によって忙しさは違うのでご自身のペースで行うのがいちばんですが、とにかく1日に1回は記事の一部分を書くクセを付けることをおすすめします。



というわけで、毎日更新が難しい人向けに書いてみました。

ヒマなあんたに提案されてもってツッコミがあるかもだけど(笑)
私も過去にフルタイムで働きつつTOEIC820点やFP2級を取得する勉強をしてたので、時間を確保するのがどれほど大変かわわかります(涙)

有名ブロガーさんがどんなに「毎日更新すべき」って言っててもみんなができる環境にいるわけじゃないしね…。

なので自分が続けやすいスタイルを確立できる人が強いですよね。
少しでいいのでまずは毎日作業を続けましょう!

では以上です!

そもそもブログに何を書くべきかわからない、という人はこちらの記事をご覧ください。